不眠の改善と睡眠薬ルームTOP > 不眠改善の方法とは? > 睡眠薬の通販や販売について

睡眠薬の通販や販売サイト

 

睡眠薬の通販はインターネットを見ると、行なわれているようです。

そこには、海外医薬品とか個人輸入代行などと記されています。
ジェネリック医薬品の多くが販売されているようですね。ハルシオンやアモバン、マイスリーなど超短時間作用型の睡眠薬で、即効性のあるタイプに人気が集まっています。

睡眠薬の通販や販売は、日本では原則として禁止されています。
法律違反でもあります。ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、自身が使用することを前提に処方されています。余ったからといって、他人に販売することは禁じられているのです。もちろんネットオークションでもだめです。

睡眠薬を通販で購入することの危険性

睡眠薬の通販は、個人輸入という法律の穴を潜り抜ければ販売できるようです。
しかし、そういった睡眠薬は購入しないほうがいいと思います。なぜなら睡眠薬は、医師の指示に従って服用してこそ、その効果を最大限に発揮できるものだからです。

また強い副作用が現れた場合、その詳細を医師に告げることによって、別の種類の睡眠薬を処方してくれます。それによって副作用が収まるわけです。

睡眠薬の販売サイトから、ハルシオンやアモバン、マイスリーといった不眠の薬を購入すると、自分勝手に多量に服用しがちになります。これは、とても危険なことです。とくに超短時間作用型の睡眠薬は、効き目がはっきりしているので、どうしても量が多くなり、いずれ耐性が生じてきます。

そうなると睡眠導入剤なしでは眠れない体質となり、薬物依存性睡眠障害になります。いったんそうなってしまうと、無理に薬をやめても、禁断症状(離脱症状)が起きて、服用前よりもひどい不眠である反跳性不眠を引き起こすことになります。これを薬剤離脱性不眠といいます。

このように、睡眠薬の通販サイトで販売されている薬を購入し、自身の判断で多量に服用することは重大な副作用の危険があるのです。とくにハルシオンやアモバン、マイスリーは、いずれも多量に服用すると、重大な健忘(物忘れ、一時的な記憶喪失)や夢遊病の症状が、確実に引き起こされます。

睡眠薬のハルシオンの常用者が、睡眠中に夢遊病のように起きだして、母親を銃で殺害した海外の事件はご存知でしょうか?また夢遊状態で車を運転して、事故を起こす例もあります。

安全な睡眠薬の通販もある

ただ、睡眠薬の通販がすべて危険なわけではありません。
海外では医薬品と認められていても、日本では食品に分類されるものもあります。たとえばハーブのバレリアンやセントジョーンズワートなどですね。バレリアンは西洋では睡眠治療に効果を認められています。

ただバレリアンは量が少ないと、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入時剤ほどの効果はないようです。量を多くすれば、かなりの睡眠促進効果があるといわれています。あまり効き目がないといわれる、短時間作用型のレンドルミンやリスミーを購入するよりは、バレリアンのほうがよいと思います。ハーブは多量に飲んだからといって、副作用や依存性はありません。

またグッスミンやドリエルといった睡眠導入剤なら、全国のドラッグストア(薬局)で販売されていますし、睡眠薬の通販もされています。ただし、効果はゆるやかであり、深刻な不眠症には、あまり効かないようです。

漢方は睡眠薬というわけではありませんが、体質を変えることによって、根本から不眠体質を改善していきます。漢方薬はハーブと同様に、副作用や依存性はないといわれています。

もちろん、もっとも良い不眠改善の方法は、睡眠薬などを使わない治療法です。
睡眠薬を飲まなくても、その日からぐっすりと眠れる不眠解消法があります。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら