不眠の改善と睡眠薬ルームTOP > 不眠改善の方法とは? > リスミーの副作用や効果は?

リスミーの副作用や効果について

 

リスミーの副作用や効果は、どのようになっているのでしょうか?

睡眠薬のリスミーは、言うまでもなくベンゾジアゼピン作動薬に属しています。
リスミーの効果と特徴を一言でいえば、副作用が少なく、安全性の高い薬剤です。そのため心療内科や精神科の医師も、安心して処方できるといえます。

超短時間作用型に属する睡眠薬であるハルシオンは、副作用や危険性で問題になっています。たとえば服用後から寝るまでの前向性健忘(物忘れ)や、夜中の夢遊病の症状などですね。医師によっては、こういったハルシオンの副作用を深く認識していて、処方に神経質になっていたりします。

そういった医師は、ハルシオンの代わりに、短時間作用型のリスミーやレンドルミンを処方する傾向があるようです。

リスミーの効果や特徴として、筋弛緩作用が弱いため、とくに高齢者や未成年者に処方されることが多いようです。高齢者は夜中に尿意をもよおしてトイレに立つことが多くなります。そういったとき筋弛緩作用が弱ければ、足元がふらつく危険が少なくなります。

リスミーの副作用は全くないのか?

このようにリスミーは、ハルシオンやアモバンの使用に慎重になっている医師が良く使うお薬です。安全といわれていますが、それでは絶対にリスミーに副作用が出ないのかというと、そんなことはありません。

不眠症の薬に限りませんが、薬剤を服用する以上、副作用というものは伴うのが現実です。風邪薬であっても、そうですよね?とくに睡眠薬は、間違った服用法をとると、重大な副作用が顕著に現れることがあるので要注意です。

たとえばアルコールは、睡眠薬と一緒に飲むことは危険です。
どちらも脳をリラックスさせる効果があるので、同時に飲むと効果が倍増されてしまうのです。それこそ、重大な健忘や夢遊病の症状が出現する可能性も考えられます。夢遊病の最中に、車を運転したり、工場で機械の操作をすると、命にかかわる重大な事故にもつながりかねません。

そのほかリスミーの副作用が弱いとはいえ、夜中や翌朝の残眠感、ふらつきなどが起こることがあります。夜中に起き出してトイレにいく高齢者の場合は、注意しましょう。

リスミーの副作用というわけではありませんが、効果が弱いために、不眠症状が強い患者さんでは、全然眠くならないということがあります。ハルシオンやアモバンあたりだと、ぐっすり眠れても、リスミーやレンドルミンを服用すると、目が冴えてしまうわけです。

安全性をとるか、副作用があっても効果をとるか、微妙なところです。

睡眠薬は、一時的に頼る分には、とても有効な不眠改善方法だと思います。
しかし、慢性的に服用していると、どうしても耐性がついてきて、薬物依存性睡眠障害になってしまいます。無理に止めようとすると禁断症状が起こることになり、薬剤離脱性不眠になってしまう危険も秘めています。

睡眠薬は、気づかないところで健康に影響を与えるので、できることなら不眠の薬を使わない不眠治療が理想です。インターネット上には、それを可能にした不眠改善の方法があるそうです。興味のある方は、以下のリンク先をご覧下さい。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら