不眠の改善と睡眠薬ルームTOP > 不眠改善の方法とは? > 睡眠薬は依存性がある?

睡眠薬と依存性の関係

 

睡眠薬は依存性があるのでしょうか?

現在おもに使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系といって、かつてのバルビタール系の薬剤と比べると依存性や副作用が少なく、安全であるとわれています。これは、かつての睡眠薬と比較した上での話です。

かつてのバルビツール系の睡眠薬は、脳幹部に直接作用して、強制的に眠気をもらたらすものでした。睡眠中枢や覚醒中枢に直接作用したので、生命維持装置である脳幹の働きも低下させてしまうという、とても危険な薬剤だったのです。

しかもバルビツール系の睡眠薬は、飲むうちに耐性ができてきて、だんだんと効かなくなってきます。そのため、どうしても患者さんが勝手に服用量を増やしてしまうことがありました。その結果、睡眠薬の依存症になるとともに、命の危険にさらされることが多かったのです。

現在、睡眠薬に依存性や副作用がないといわれるのは、かつてのバルビタール系の薬剤と比べて言われているわけです。たしかに、かつての睡眠薬に比べれば、現在のベンゾジアゼピン系の睡眠薬は依存性や副作用が少なく、安全な薬です。

現在の睡眠薬にも依存性はある

ただし安全といわれる現在の睡眠薬でも、依存性の危険はあります。
たとえば医師の指示に従わずに、勝手に服用量を増やして飲む場合です。

患者さんのなかには、医師をはしごしてドクターショッピングをしている人がいます。こういったケースでは、、もちろん担当の医師は、状況を把握し切れませんから、自己責任となります。どんなに安全といわれている睡眠薬といえども、医師の指示に従わなかった場合は、睡眠薬の副作用が強く出ることになり、睡眠薬の依存症になる危険があります。

また、アルコールと睡眠薬を同時に飲むことは、精神科の医師からは禁じられるはずですが、これを破って隠れて飲酒する人がいます。そうなると睡眠薬の効果が強まってしまい、睡眠薬なしには寝れなくなってしまいます。

そのほか、医師に自分の現状をしっかりと伝えなかった場合も、睡眠薬の依存性が生じる場合があります。たとえば現在、ほかに服用している薬を医師に告げなければ、医師は対処のしようがありません。早朝覚醒するから、うつ病と思い込み、抗うつ薬を服用している人もいるようです。しかし実際は、神経症由来の精神生理性不眠症であることもあるのです。

超短時間作用型に属するハルシオンやアモバン、マイスリーといった睡眠薬は、即効性があります。そのため、ちょっと眠れないだけで手がでてしまいがちです。これが睡眠薬の依存症の始まりです。

一人の医師から処方される睡眠薬では満足できず、医師を渡り歩いて、たくさんのハルシオンを手に入れてしまうのです。短時間作用型の睡眠薬は、依存性がつくと、急にやめようとしたときに反跳性不眠を引き起こします。これは服用開始前よりも、深刻な不眠症の症状に陥ります。禁断症状(離脱症状)を生じてしまうようになるのです。これはアルコール依存症と一緒ですね。

現在の不眠の薬は、医師の指示に従って用法・用量を守って服用する分には安全ですが、このように自分勝手に量を増やすと睡眠薬の依存性が生じるのです。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら