不眠の改善と睡眠薬ルームTOP > 不眠改善の方法とは? > 睡眠薬ハルシオンは販売しているか?

睡眠薬ハルシオンは販売できる?

 

睡眠薬のハルシオンは販売しているのでしょうか?
結論から言うと、医師の処方箋がないと入手することはできません

もしインターネット上で「譲ります」とか「売ります」とか言う人がいれば違法です。向精神薬取締法にかかります。誰が睡眠薬のハルシオンを販売しているのかは知りませんが、自分が処方された薬剤の余りを売っているのでしょうか?

睡眠薬のハルシオンが市販の薬局で販売されたとしたら大変です。
ハルシオンの副作用や危険性はご存知でしょうか?私は、現在の精神科や心療内科で処方されること自体が、とても危険だと思っています。

心ある精神科医は、ぜったいにハルシオンを処方せず、アモバンやマイスリー、もっと無難なところでレンドルミン、エバミール、ロラメットあたりを処方する医師もいるようです。それは睡眠薬ハルシオンの恐ろしさを知っているからです。

睡眠薬のハルシオンは、超短時間作用型の睡眠導入剤に属します。
脳内にあるベンゾジアゼピン受容体に作用して、強力な催眠作用をもたらします。血中半減期が速くやってくるので、すぐに異常な眠気をもたらします。そのため30分以内に布団に入らなければ、その場で眠り込んでしまう危険があります。

また眠るまでの前向性健忘の症状が現れることがあります。
つまり寝るまでの記憶がなくなるのです。そのため飲んだら、すぐに寝るように気をつけなればなりません。

ハルシオンの中途覚醒と夢遊病

睡眠薬ハルシオンの販売がされてはいけない理由は、中途覚醒と夢遊症状です。
ハルシオンの血中半減期はすぐにやってくるので、血中濃度はすぐに薄まります。そのためでしょうか、中途覚醒することもあります。しかし血中濃度が薄まったとはいえ、まだ脳は薬剤が強く効いている状態です。

そのため中途覚醒したときは、まだ大脳が正常に機能しないため、夢遊病(睡眠時遊行症)の危険があるのです。海外では、夜中に起き出して親を射殺してしまうという、恐ろしい事件がありました。また夢遊状態で、車を運転して事故を起こしたり、調理をして夜食を食べたりと異常行動が起こりがちなのです。

夜勤の勤務形態の人が、仮眠の前に睡眠薬のハルシオンを服用すると、そのあと記憶がないことがあります。そのため、けっして短時間の仮眠にハルシオンを使用してはいけないのです。

 

このような危険な副作用が出る睡眠薬のハルシオンが販売されてはいけないのは、当然のことです。問題なのは、そういった危険性を、医師が患者さんに伝えていないことが多いということ。説明書にも、分かりやすく表記すべきです。

薬局(ドラッグストア)では、睡眠薬ハルシオンは販売されてはいけない薬剤であり、医師から処方されるとしても、とても危険な薬剤というこは理解できたでしょうか?

現代の日本では5人に1人が、睡眠障害で悩んでいるといわれています。
概日リズムのずれとかストレス障害ですね。ハルシオンやアモバン、マイスリーは超短時間作用型に属し、即効性があるので、どうしても手が出てしまい、依存性に陥りがちとなります。また飲んだ後の記憶がなくなりがちなことから、レイプの犯罪やドラッグがわりに悪用されないとも限りません。

もし、これらが市販されるとなると、日本人の5人に1人が夢遊病になって、交通事故や産業事故が多発し、社会が壊滅してしまう可能性もあり得ます。

それほど恐ろしい薬剤ですから、睡眠薬ハルシオンを販売しているサイトでは購入しないことをオススメします。メンタルクリニックで、医師の指示に従って服用することが大切です。

インターネット上には、不眠の薬を服用しなくても、その日のうちからぐっすりと眠れるマニュアルが販売されています。こちらのほうが、よっぽど健康的だと思います。よかったら参考にしてください。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら