不眠の改善と睡眠薬ルームTOP > 不眠改善の方法とは? > デパスの効果と副作用とは?

デパスの効果と副作用について

 

デパスの効果や副作用について解説したいと思います。

睡眠薬デパスは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤に属する薬です。
睡眠薬となっていますが、もともとは抗不安薬、精神安定剤であり、抗うつ薬です。そのため、不眠症とうつ病が併発しているときに、処方されたりします。

デパスは純日本製の薬であり、ジェネリック医薬品が多いことで有名です。
つまり、それだけ質が高いために、まねする企業も多いということです。

デパスは血中半減期が短いタイプで、短時間作用型に属します。
同じタイプの睡眠薬に、レンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミーがあります。短時間で血液中の濃度が薄まるために、翌朝の持ち越し効果は少ないといわれています。

もちろん、デパスの副作用や効果は人によって異なります。
人によっては翌日までデパスの効果が持ち越して、足元のふらつきやめまいがすることも考えられます。

デパスは、抗不安薬、精神安定剤の側面が強い種類の薬剤です。
もちろんベンゾジアゼピン系全体が抗不安薬ですが、デパスはとくにその傾向が強いということです。そのため、うつ病の患者さんに対して処方されることがあります。

抗うつ薬は、意外に不眠症という副作用を引き起こすことがあります。
そういった抗うつ剤の副作用を嫌う精神科の医師は、睡眠薬のデパスを処方することがあります。うつ病は不眠を併発するので、デパスは安全に処方できるお薬なのです。

デパスの副作用は?

デパスは抗うつ作用が強いわりに、安全性の高い薬として知られています。
医師の指示通りに服用する限りは、とても安全といえます。

もちろん前述したように、人によっては効果が異なります。
睡眠薬デパスは、筋弛緩作用が強くなっています。そのために筋肉のコリや腰痛に効くわけですが、これが人によっては強く作用してしまい、デパスの副作用として現れることがあります。

デパスは筋弛緩作用が強いので、起き掛けにふらついて転倒してしまう危険があります。とくに高齢者は要注意です。気分をリラックスして筋肉の緊張を解いてくれるデパスの効果は、悪い方向に出ると、「脱力しすぎて力が入らない」というデパスの副作用をもたらす可能性も否定できません。

インターネットで検索してみると、デパスが、アモバンやマイスリーとともに海外からの個人輸入ということで、販売されているようですね。もちろん、こういった睡眠薬の販売サイトから、デパスを購入することは危険です。

デパスを服用する場合は、きちんと精神科などの病院の診察を受けて、処方を受けましょう。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら