不眠の改善と睡眠薬ルーム

 

不眠の改善と睡眠薬ルームでは、眠れない原因や不眠解消の方法を解説しています。

不眠の改善というと、まずは睡眠薬が思い浮かびます。
心療内科や精神科の病院に行けば、睡眠薬が処方されます。ハルシオンやアモバン、マイスリーといった即効性のある睡眠薬を飲めば、たしかにすぐに眠くなるでしょう。ただし、睡眠薬の副作用という危険性も知っておく必要があります。

不眠の改善にアルコールを飲む人がいますが、ある意味、不眠の薬より危険です。アルコールを飲むと、すぐに眠くなるので、どうしても頼ってしまいがちです。

ところがアルコールには、耐性がつきやすいという性質があります。
そのため、アルコールを寝酒に使っていると、だんだん量が多くなっていきます。そして、ついには多量のお酒を飲んでも、不眠症の症状が現れることになるのです。こういった場合に、アルコールの代替として、睡眠薬に移行していく治療法もあります。

不眠の改善方法には民間療法もある

不眠の改善方法には、医療の側面と民間の側面があります。
睡眠薬は内科やメンタルクリニックでしか処方されませんが、民間的な治療法はインターネットや市販の書籍に書かれています。

インターネット上には、「ハルシオンやアモバンなどの睡眠薬を売ります」とか「買います」とかあるようですが、そういったことは違法であり、危険なのでやめましょう。

睡眠薬を服用しないで不眠を改善する場合は、市販の本を参考にすることになります。そこには、いろいろな不眠の原因とか解消法が書かれています。たとえば以下のようなアドバイスです。

  • 体内時計を整える
  • 運動量を増やす
  • 快眠サプリメントや栄養素を摂る
  • 寝る前にリラックスする

こういった安眠対策は、だれにでも通用するとは限りません。
かなり深刻な不眠症の人には、効き目がない場合があります。だいたい1ヶ月を目安に、まずは自分で頑張ってみるといいでしょう。それでも不眠が改善されないときに、はじめて睡眠障害専門のクリニックなどの門を叩けばよいと思います。

また、医師の処方が必要ない睡眠の薬を試してみるのも、ひとつの方法です。
市販されている睡眠改善薬や漢方薬ですね。グッスミンやドリエルなどが販売されています。こういった薬剤は、睡眠薬ほどの効き目はありませんが、脳の緊張をほぐして、血行をよくして眠りやすくする程度の効果はあります。

インターネット上には、睡眠薬を飲まない不眠改善の方法も公開されています。
かつて不眠症に苦しんだ大学の名誉教授が、編み出した不眠症対策だそうです。ハルシオンなどの睡眠薬を服用したくない人は、こういったマニュアルを参考にするのもよいと思います。

睡眠薬を必要としない不眠改善法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら